お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

BLOG

  1. HOME
  2. BLOG
  3. メンバー全員で会社のビジョン・ミッション・バリューを語る「ビジョンシェアリングデー」を開催しました!

メンバー全員で会社のビジョン・ミッション・バリューを語る「ビジョンシェアリングデー」を開催しました!

もはや日本の夏の風物詩になったと言っても過言ではない、高校野球。

各地での予選も、徐々に熱気を帯びてきました。

たった1つしかない代表の座をめぐり、みながしのぎを削る。

そんななか、奈良県にある桜井高校という公立校は、ちょっと変わったプレースタイルを貫いていました。

 

相手チームにミスが出ても喜ばない、むしろ良いプレーが出れば敵味方を問わず拍手を送る。

予選決勝で勝利して甲子園初出場が決まった際も、ガッツポーツはせず淡々と整列――。

 

この「アンチ勝利至上主義」とも言えるプレースタイルは、2013年の甲子園出場時に注目を集め、TV番組『アメトーーク!』の高校野球大好き芸人回でも取り上げられました。

しかし実は、こういった姿の裏には、桜井高校野球部の「目先の結果や数字だけにとらわれない、野球を通じた人間力の形成」という目的があったのです。

 

ガムシャラに結果や数字を追うだけでなく、そもそもなんでこれをやってるんだっけ。

その結果や数字を達成した先には、どんな世界があるんだっけ。

 

 

2019年6月5日、wevnal(ウェブナル)は会社史上初めて『ビジョンシェアリングデー』というものを開催しました。

今年4月に刷新された「ビジョン・ミッション・バリュー」のさらなる浸透をはかり、組織としての方向性を改めて確認するためです。

 

まずは代表の磯山より、新ビジョン・ミッション・バリュー策定の経緯などについての共有。

また今回の『ビジョンシェアリングデー』では、具体的なワークを通じて、新ビジョン・ミッション・バリューの落とし込みをはかります。

 

でもその前に!!!

まずはアイスブレイクも兼ねて、名刺交換。

 

「えっ、社内のメンバー同士で名刺交換!?」

なんて思われるかもしれませんが、実はこの日に使われていた名刺は、普段の業務で使っているものとは、一味違ったもの。

wevnalも少しずつ人数が増えてきて、支社やインターン生なども合わせると、50人以上の規模になってきました。

毎月のように新しいメンバーが入ってきて、違う部署になると顔と名前くらいは分かっても、正直それ以上の情報は…という現象もチラホラ。

 

そこで、社内コミュニケーションの一助になるようにと、『ビジョンシェアリングデー』に合わせて作られたのが、今回の名刺でした。

下の写真のような感じで、表には顔や名前、部署や出身地などの基本情報に加え、ニックネームや趣味といったパーソナルなものまで。

そして裏には、座右の銘が刻み込まれています。

それぞれの個性が出ていて面白かったので、3枚だけ紹介。

まずこちらは、弊社代表の磯山のもの。

「ふとうふくつ」と読むらしいです。

意味は「強い意志をもって、どんな苦労や困難にもくじけないさま」。

 

あとこれは、「分かる人には分かる」言葉らしい。。。

 

そして最後はこちら。

 

 

本人に真意は聞いていません。

 

閑話休題。

場も温まったところで、メインであるワークの時間へ。

まずは個人ワーク。

 

wevnalはビジョンとして、『スゲェ会社』というものを掲げています。

そこで、6つの行動規範の頭文字をとってバリューとしている『CIRCUS(サーカス)』になぞらえつつ、『スゲェ会社』を実現するために一人ひとりがどうするべきなのか、紙に書いてまとめます。

 

書いたものは、各グループ内でシェア。

 

次はグループワーク。

今度はwevnal全体として、『スゲェ会社』をつくるためにはどういった施策を打つべきかを考えます。

こちらは最後に全体発表をして、最も良かった案は実際にプロジェクトして動き出します!

 

ということでメンバー全員、議論の様子は真剣そのもの。

 

審査員である役員4人をうならせるため、ああでもないこうでもないと侃々諤々。

 

 

約1時間が一瞬に感じられるほど、白熱した時間になりました。

 

その後、7つに分けられたグループそれぞれの代表者が、3分のプレゼンタイム。

 

 

現在、2つの事業部に分けられている「デジタルマーケティング事業部」と「チャットボットAI事業部」の連携を深めていこうという案が、多く見られました。

 

 

真剣さのなかに紛れ込んだユーモアで、会場全体が笑いの渦に包まれる場面もたびたび。

 

 

プレゼンタイム後半は、男コンビによる発表が続きました。

 

 

最後のグループは、紙ではなくパワーポイントを使う入魂ぶり。

一体、優勝の栄冠に輝くのはどの施策なのか!!!

 

役員4人による厳正な審査の結果、複数のグループから出ていた「両事業部のさらなる連携」という施策が採択され、本プロジェクトのリーダーには、新卒3年目の小嶋が抜擢されました!

 

 

(ビジョンシェアリングデーの後日、小嶋による本プロジェクトのメンバー編成が行われました。小嶋を中心とした以下の7名で、wevnalの事業部間連携を推進していきます!)

 

 

最後に、今回のビジョンシェアリングデー開催をサポートしてくださった、人事コンサルタント・上田さんからの講評。

 

「この場だけじゃなくて、今日のエネルギーを実際の現場へとつなげていくことが大事」とのメッセージをいただきました。

 

全体で約4時間にもおよんだ、今回の『ビジョンシェアリングデー』。

 

 

今回のこの時間をまたひとつのきっかけとして、wevnalは『スゲェ会社』の実現に向け、さらに躍進してまいります!

 

Related Content

wevnal
SNSアカウント